sub5セルフケア通信

自力整体+日々のセルフケア=日々一新&人生一新

  • 自力整体だけで心と体がまるごと元気になるでしょうか?!
  • 日々一新&人生一新するでしょうか?!
  • それは、イエスでもあり、ノーでもあると言えます。
  • 自力整体・整食・整心法を、本気で完璧にすればイエスかもしれません。。。
  • でもでも、完璧なんて、つまらないし、大変だ、と私は思っています。
  • 自力整体を気楽に気長に実践しながら、基本自力で、プラスアルファ、時には他力も味方にして、自分らしいセルフケアをして、日々一新&人生一新していくのが、私スタイルです。
  • セルフケアは行動習慣化すると効果が上がります。

私が日々実践しているセルフケアお伝えします

食生活編

  • 食生活の基本
      • 基本的に何でも美味しく楽しく食べています。
      • 食べる時は食べて食べない時は食べないというメリハリをつけた食べ方をしています。
      • 食べすぎない、飲みすぎない、腹八分目を心がけています。
      • 夜遅く食べないように、夜7時までに食べ終えるようにしています。
      • 外食はあまりしませんね。仕事場へはお弁当をもっていきます。
      • 調理方法はシンプル・イズ・ベスト。凝ったものは作りません。地味で滋味なご飯を毎日作って食べてます。
  • 白湯のススメ
      • 私は整食法の朝食として、以前から秋冬には白湯をよく飲んでいましたが、蓮村誠著『白湯毒だし健康法 』(PHP文庫) を読んでから、夏でも白湯でいいんだとわかり、さらに一日中飲むのもいいんだとわかり、さらに正しい白湯の作り方(アーユルヴェーダ式)の白湯の作り方を知ったので、2012年夏から、ほぼ毎日、白湯を作って飲むようになりました。
      • 春夏秋冬、一年中、飲んでいます。
      • もちろん真夏もです。(夏こそ白湯!とさえ私は実感しています)
      • 一日中、飲んでます。がぶ飲みではなく、ちょいちょい飲みです。
      • ただの湯ではなく、命の水=白湯を、美味しくありがたく飲んでいます。
      • 私が白湯を飲む理由⇒まず第一に、飲んで美味しかったからです。それに心と体が穏やかに変化していくのを大実感したからです。飲むと心身ともに温まって、さっぱりします。白湯で心身ともに洗われる感覚です。味覚がナチュラルになります。



      【白湯の作り方】

      ・沸かしたお湯は、ただのお湯です。
      ・フタをとってゴボゴボと沸騰させることで、
      ・ただの水に命(水・火・風)が加わり、白湯へと変わります。

      1、 換気扇を回す。(風の力を取り込む)
      2、 やかんに水を入れる。(水の力を取り込む)
      3、 ふたをして強火で沸かす。(火の力を取り込む)
      4、ゴボゴボと沸騰したら、ふたをとる。(風の力をさらに取り込む)
      5、そのまま10分~15分沸かし続ける。(火の力と風の力を十分に取り込む)
      6、火を止め、自然に冷ます。(40度~80度ぐらいまで適宜お好みで)
      7、すぐ飲む以外は、保温ポットなどに入れておく。




      【白湯の飲み方】

      1、カップに注ぎ、ゆっくりすするように飲む。
      2、1日に飲む量は400~800㏄程度。目安、カップ3杯~5杯まで。
      3、飲み過ぎ注意。飲み過ぎると、逆に消化力や体力を弱めます。




      【その他、白湯でオススメのこと】

      ・水は、できたら前日夜からヤカンに汲みおいておきます。
      ・沸騰させると、水の量は約半分になります。




      【私スタイル】

      保温マイボトル

      ・私は、朝起きたら白湯を作って、まず1杯、飲みます。
      ・あとは、食事時や食間に、ちょいちょい飲んでいます。
      ・私は朝、沸かして保温マイボトルに入れてます。
      ・生姜や梅干しを混ぜるのもOK。




      【参考資料】
      白湯の作り方・飲み方は、蓮村誠著『白湯毒だし健康法 (PHP文庫)』
      に詳しく載ってます。どうぞ参考にしてください。
      『白湯毒だし健康法』

       


       

  • 果物のススメ
      • 果物は美味しいだけでなく、良質の美容成分&健康成分が豊富に含まれています。しかも低カロリー。心と体と頭のためにも1日1果実、食べましょう。
      • 自分が生まれ育った土地の果実、そして今暮らしている土地の果実を食べることを私はオススメします。例えば私は愛媛生まれなので、みかんが大好き。ほとんど一年中食べてますよ。
      • 果物は、ジュースにするのもよいでしょうが、できたら丸ごと食べるのがオススメです。その美味しさを自分の歯で噛んで丸ごと味わえるからです。
      • オススメHP
        ・果物情報サイト「果実ナビ」
        http://www.kudamononavi.com/
        果物のことを素敵な写真つきで教えてくれます。

衣生活編

姿勢編

  • 姿勢をよくする
      • 自分の姿勢を意識する
      • 正しい姿勢を身につけて、悪い姿勢を予防する
      • 骨盤・腰骨を立てて、立つ・座る・動く
  • 正しい姿勢を知る
      • 正しい姿勢は、楽に動ける、楽に呼吸できる、体に負担のない姿勢
      • 耳と肩と座骨と踝が一直線
      • 胸を開いて、肩の荷を下ろして、目線を上げる

骨盤編

  • 骨盤の開閉リズムを理解して意識する
      • 私たちの骨格・頭蓋骨・肋骨・骨盤は、季節によって開いたり閉じたりしています。
      • 冬至は骨格が最大に閉じ、厳冬期(1月・2月)は全閉して保温蓄熱体勢になります。
      • やがて春に向けて右側の骨格から開き始め、次いで左側の骨格が開き始め、骨格変動時期になります。
      • 夏至には最大に開き、夏期(7月・8月)は全開して開放・放熱体勢になります。
      • またやがて秋に向けて、左側から閉じ始め、次いで右側の骨格が閉じていって、骨格変動期になります。

開運編

  • 脱力
      • コアはしっかり保って肩の荷は下ろす
      • 一日一度はクラゲになる

症状編

  • 花粉症対策
      • 私はまだ幸いなことに花粉症ではありません。
        花粉症予防と花粉症対策に、よいと思うことをお伝えします。
      • 春は、冬に溜め込んだ水分を、身体が尿や便でだそうとする季節です。しかし身体にねじれやゆがみが、溜まった水分が出ていきません。それで花粉の力を借りて、鼻の粘膜からだそうとしているのが花粉症なんです。
      • だから、まずは身体のゆがみ・ねじれをとること。→自力整体の実技!
      • できるだけ水分を溜め込まないようにすること。→整食法の実践!
      • 排泄をよくすること。→自力整体の実技!

      これらを心がけています!

  • 裸眼のススメ
      • 私はおかげさまで子供の頃から視力がよくて、メガネをかけたことがありません。年を重ねて、最近は老眼っぽくなってきている感じはありますが、特に不自由は感じません。
      • 一生メガネはかけないと決めています。そのために実行していることをお仕えします。
      • 裸眼で過ごす
      • 夜は光るもの=テレビ・パソコン・携帯電話等は見ない
      • 一日に何度か遠くの自然物を見る
      • 見たくないものは見ない。見ないでいい。

入浴編

  • 「自律神経を整える入浴法」を実践しています。
      • お湯の設定温度は40度前後。入浴時間は15分以内。
      • 入浴順序は、かけ湯⇒全身浴⇒体を洗う⇒半身浴
      • 入浴時間比は、全身浴1(5分):半身浴2(10分)
      • 全身浴は首までつかる。 首周りに自律神経のセンサーがあるので!
      • 脱衣所は温めておく。
      • 設定温度や入浴時間は、季節や室温・体調に応じて適宜工夫する。

      ☆これらのことを心がけています!

      ☆この入浴法を実践するようになって、入浴によるのぼせやだるさがなくなり、温かさを保って眠れるようになりました。

      ☆小林弘幸先生の『自律神経バランスを整える入浴方法』を参考にしています。
      https://allabout.co.jp/gm/gc/402263/